×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


東尋坊    福井県

■情報提供 上総さん(福井県 女性)


 東尋坊へ観光に来た3人の旅行者が、海をバックに写真を撮ろうとしていた。
 1人がカメラを手に、残りの2人がポーズをとっていた。
 シャッターを切り、ファインダーから目を離して2人へ視線を移すと、1人がいなくなっているではないか。

 落ちた!

 2人は真っ青になり、断崖から下を見下ろした。
 海は荒れていた。
 海水は入り組んだ岩の間に入り込み、大きな波しぶきを上げていた。大小様々な渦が巻き、落ちたら最後、まず助からないという言葉が実感を持って迫ってくる。
 絶望に打ちひしがれそうになりながらも、2人は懸命に落ちた男の名を呼んだ。
 すると、何と突き出た岩の下から声がするではないか。
 恐る恐る身を乗り出し覗き込むと、棚のように更に突き出た岩場があり、消えた男はそこに居たのだ。

 地元の人たちの助けで男は救い出され、事無きを得た・・・・
筈だった

 「良かったなぁ。」
 まだ、がたがたと震えている男にそう話しかけると、
「ああ。助かったよ。でもな
「何だ?どうした?」
「俺、誰かに引っ張られたんだ。」
「え?何言ってるんだよ。俺、引っ張ったりしてないぜ。」
男の横で並んで写真に撮られていた男がそう言った。
「もちろんお前じゃないよ。俺を引っ張った奴は、俺の足首をつかんで下に引きずり落としたんだから
 その話を聞いた2人は顔を見合わせ、此処が心霊スポットであることは思い出したが、いくら何でもそんな話は真に受けられる筈もなく、落ちたショックと恐怖で少し動転してるんだろうと、男を慰めた。

***

 数日後、旅を終え、写真屋に現像に出して戻ってきた写真を見ると・・・
 崖の下から伸びた白い手が、男の両足に絡みつくようにハッキリと写っていた


  福井の心霊スポットといえば東尋坊が有名だと思いますが、この話は新聞記事にも載ったそうです。
 私が生まれる前にあった事で、聞いた話なのでどこまでが本当なのかは分かりませんが。 でも、話に聞くように、結構あるみたいですよあそこは。
 私は未だに東尋坊へは一度も行ったことが無いので、父に
「東尋坊行ってみたい。連れて行って。」
と言った事が有りますが、決まって返ってくるのは
「行っといで。俺は行かんよ。」
の言葉です。
 一人で行くほど度胸も無いので、毎回そこで諦めますけど。(情けない)
 因みに父曰く、崖っぷちも、雄島もヤバイけど、雑木林の方がヤバイらしいです。
 父が若い頃にそこを通った際、常に上から視線を感じたそうです。結構その雑木林で首吊り自殺ってあったそうですよ。それじゃないかって。     (上総さん 談)


上総さんは、投稿体験談のコーナーにも数多くの投稿をしてくださっています。お父上が「見える」方なのだそうです。投稿体験談のエリア別のページで福井県のところを見ていただければ、上総さんのお話を読むことができます。